ご自分の不動産を有効活用して資産運用を成功させるのであれば、サポート力抜群の企業を見つけることが大切です。

なぜ不動産物件は3月に完成するものが多いのか
What's New
なぜ不動産物件は3月に完成するものが多いのか

なぜ不動産物件は3月に完成するものが多いのか

不動産の賃貸物件でも分譲物件でも新築物件は3月に竣工するものがとても多いです。それはなぜでしょうか。確かに、買い手、借り手にとって引越しを3月にしたいというケースはとても多いです。入学や新学期、就職、転勤などに合わせて引越しをする人が多いので、やはり2月3月には新居の準備をして引っ越したいという希望になるのです。

賃貸物件の場合、他の理由もあります。1年を通して引越しシーズンとそうでない時期があり、同じ物件であっても引越しシーズンには多少高い家賃でも入居してくれますが、引越しシーズンでない場合には交渉に応じて家賃を下げて入居してもらうケースも多くなるのです。3月に新築物件を完成させ入居してもらうことができれば家賃も高くても満室になります。そして入居者が更新を機に退去する場合でも3月であれば次の入居者も入りやすくなりますので空室期間が短く済むのです。

分譲マンションの場合でも、引越しシーズンのピークに完成して入居してもらえれば入居にかかわることがすべて短期間で完了することができるので人件費を抑えることもでき効率的です。逆に、完成の時期が引越しシーズンでない物件は価格や賃料の面などで抑える傾向もあると言われていますので狙い目かもしれません。